ブラクラ
ブラクラとはブラウザークラッシャーの略語。
web上に潜んでいる悪質なプログラムでJavascript型と呼ばれる一種のウィルスであるらしい。

ネットサーフィンをしていて怪しげなサイト(アダルト系など)にはいったときうっかり変なところをクリックした途端パソコンが異常をきたしたなんて経験がおありでしょう。これは何もアダルト系に限ったことではありません。どこそこの掲示板(※左参照)に張ってあるリンクをクリックした途端とかいろいろあるみたいです。
ブラクラにアクセスしてしまうということを”ブラクラを踏む”といいます。

ブラクラの主な症状
新規ウィンドウを無限に開く。
これは特にアダルト系に多いですね。ウィンドウの右上隅にあるXマークをクリックして閉じても、次から次へと新しいウィンドウが開くってあれです。初めて出くわすと気が狂いそうになりますね。
こういうときはじっくりと落ち着いて、Altキー+F4キーで勝負です。この二つのキーをすべてのウィンドウが閉じるまで押し続けるのです。
 ウィンドウオープン
新規メッセージを無限に開く。
これも上記と同じくAltキー+F4キーかな。
 Mailtoストーム
フロッピードライブにアクセスし続ける。
 FDアタック
アラートを開き続ける。
 アラートオープン
ブラウザーをフルスクリーン表示させる。
この辺はまだ害が少ないです。
 フルスクリーン
マウスクリックを禁止する。
 クリック禁止
上記以外にもまだあるらしいです。
私も以前ブラクラを踏んだ中にIE(インターネットエクスプレス)の初期設定を勝手に書き換えてしまうもの。
ダイアルアップの接続設定をダイヤルQ2などに換えてしまうものなどがあります。
こういったブラクラの対処法として決定的なものはないらしいですね。
対策は割りと消極的なものしかありません。たとえば、IEのセキュリティーオプションの設定を換えるとか、少し積極的なものとしてブラクラを事前にチェックできるフリーソフトがあります。
ただ、メールで送られてくるワーム型と呼ばれるウィルスに比べると(たとえばクレズ)被害は小さいほうですよね。
最善策としては信頼できるサイト以外でやたらと変なところをクリックしないこと、これに尽きます。
戻る
※殊に2チャンネルの掲示板に
 多いようなので注意。