バックアップ  IE・OE編

バックアップとは何か。
例えば、ある日突然パソコンが起動しなくなるということは間々あることです。最悪の場合、OSの再インストールということになってしまいます。OSの再インストールということはそれ以前に使っていたデータがすべて失われるということを意味します。つまり個人が作成したファイルもすべて失くなってしまうわけです。
そういうときのためにデータのコピーを作っておくわけですね。

ひとくちにバックアップといっても、個人データからOS全体のバックアップまでさまざまです。
この項では特にインターネットエクスプレス(IE)・アウトルックエクスプレス(OE)におけるデータのバックアップをご紹介いたします。

IEの「お気に入り」

IEには「お気に入り」というメニューがあります。よく利用するサイト、好きなサイトをここに登録しておきますね。この「お気に入り」をバックアップします。
まずはIEを起動、「ファイル」から「インポートおよびエクスポート」を選択。保存するならエクスポート、復元するならインポートを選ぶ。後はウィザード(※左参照)に従えばよい。保存場所はフローピーでもよいし、HDDがふたつ付いているならセカンドドライブを指定してもよい。

 「お気に入りのエクスポート」を選択


「お気に入り」全体、あるいは部分的に選択することも出来る。


フロッピーに保存する場合はディスクを入れたあと「参照」をクリック。

アウトルックエクスプレス

メール本文
メール全体をまとめて保存する機能はなく、ユーザーが手作業で一つ一つ保存する必要がある。

アカウント

メールアカウントの設定を保存する。
アウトルックエクスプレスを起動。
「ツール」から「アカウント」を選び、保存したいアカウントを選択してエクスポートをクリック。
保存先は上記と同じ要領




アドレス帳


アドレス帳を開いたあと「ファイル」から「エクスポート」、「アドレス帳」へ。



保存先を指定する。

アドレス帳のファイルメニューを開いても「エクスポート」が使用できない場合、アドレス帳の「ツール」→「オプション」を選択して、「アドレス帳に保存する」にチェックを入れ一度OEを閉じた後、再度同じ作業を繰り返して下さい。

バックアップはあくまでも備えのためですから、「マイドキュメント」などに保存するとバックアップの意味が半減してしまいます。

※以上はXPの画面を使用しています。
戻る
ウィザード
ウィンドウズのプログラムで、本来は複雑な手順がともなう処理や設定の変更などの作業を、メニューにしたがって項目を選択していくだけで簡単にできる機能のこと。