WinXPの体験・起動不能

XPが起動しなくなる理由はさまざまあるようですが、ここでは私が体験した起動不能状態からどうやって回復したかをお伝えします。初心者にはちょっと難しいので中級から上級者向けです。

ある日XPが突然起動不能になりました。
通常のポストから黒い画面になり、次のようなメッセージが・・・



次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windowsを起動できませんでした。
\WINDOWS\system32\config\SYSTEM

オリジナルセットアップCD-ROMからWindowsセットアップを起動して、このファイルを修復できます。
修復するには、最初の画面で"R"キーを押してください。


※この場合日本語でのメッセージなのですが、システムによっては英語で出ることもあるようです。

結局システムファイル(レジストリー)の一部が壊れてしまったため、起動できなくなってしまったようです。「SYSTEM」とはレジストリーを構成するファイルのひとつで別の場所にバックアップされているのでコピーして修復することができる。

メッセージに書いてあるようにXPのオリジナルCD-ROMから起動し「回復コンソール」から壊れたファイルを修復します。

まずはXPのCD-ROMを挿入して起動。
最初の画面で「Rキー」を押す。


Rキーを押すと「回復コンソール」が起動する。
回復コンソールはMS-DOSに似ているが使えるコマンドがが違うらしい。キーボードからCOPYコマンドを実行しシステムファイルを修復する。コマンドは以下の通り。
C:\WINDOWS>copy .\repair\system .\system32\config\system

コマンド入力後ENTERを押すと
「SYSTEMを上書きしますか? (Yes/No/All)」と聞いてくるので「y」を入力。
これでシステムが回復され起動できるようになる。
ただし、この作業を行うとレジストリーの設定がすべて初期状態になってしまうため、「システムの復元」を試してみる。私の場合、この方法でもとの状態に戻すことが出来ました。

回復コンソール
コンピュータが正常に起動しない場合、またはまったく起動しない場合にオペレーティング システムを回復するためのツール。
回復コンソールはいざというときのためにあらかじめインストールしておけばCD-ROMがないときでも使うことが出来る。

この全過程をスムーズに行ったわけではなく、実はいろいろと調べて試行錯誤しながらなんとか回復にこぎつけたわけです。
起動不能と言ってもいろいろなケースがありますので、いざというときのために普段から回復方法をある程度調べておく必要がありますね。
ここでご紹介したのもひとつのケースですので、これと同じケースに遭遇してしまった場合、ぜひお試しください。

※CD-ROMから起動するにはBIOSの設定でCD-ROMドライブをHDDより優先させておく必要があります。

戻る