ゴミ箱のこと、あれこれ
ファイルやフォルダなどのデータを削除するとき右クリックで「削除」を選択します。
この作業によって不要なデータはいったんゴミ箱に入り、
ゴミ箱には不要なデータがたまっていきます。このゴミ箱にたまったファイルやフォルダは定期的にクリーンアップしないと知らず知らずのうちに容量が大きくなってHDDの空き容量を圧迫します。
たまに「ゴミ箱」を開いて「ゴミ箱を空に」しましょう。

また、「レジストリーの復元」─「ワンポイントテク」でも紹介しましたが、ショートカットキーを使って「ゴミ箱」を通さずに削除することも出来ます。

ファイルやフォルダを選択したあと
Shiftキー+Deleteキーを同時に押す。


削除したいファイルやフォルダをゴミ箱に入れるということは誤って削除してしまったファイルを再度復元できることを意味します。上記のショートカットキーを使うとゴミ箱を通さないため復元することが出来ませんので注意が必要です。

実を言えば、「ゴミ箱を空」にしたり、上記ショートカットキーを使って永久削除したつもりでも、特殊なソフトを使うとその直後なら復元が可能なのです。

以前は企業が、すべてのデータ(顧客リストなど)を削除したつもりで処分したコンピュータから情報が漏れるといったことがあったようです。
これは、削除したつもりでもデータが表面上見えなくったというだけでHDD上に残っているからです。その上から新しいデータが上書きされて初めて復元できなくなります。

アプリケーション編で紹介している「DiskX Tool」には削除したファイルを永久に復元できなくする機能も付いています。

                 *******

「ゴミ箱」の容量
「ゴミ箱」には削除したファイルやフォルダが無限に増えていくわけではなく容量が決められていてユーザーが設定を変更することが出来ます。
「ゴミ箱」のアイコンを右クリック、プロパティを選択後容量を設定できる。(ウィンドウズXPでのプロパティ)
                 *******

「ゴミ箱」の名前・アイコン・表示場所の変更

「ゴミ箱」という名前がなんだかいやだという人はいませんか。英語版では「Recycle」という表示になっています。「ゴミ箱アイコン」の緑の矢印はそのリサイクルマークなんですね。この「ゴミ箱」の名前は普通、変更できませんが「レジストリー」を編集することによってあえて変更することも出来るのです。ただし、この方法は一歩間違えると大変危険で(システムが壊れ起動しなくなることも)初心者向きではありません。もっと簡単に出来る方法があります。「アプリケーション編」で紹介した「窓の手」(フリーソフト)です。
これを使うと名前の変更だけでなく、「ゴミ箱」のアイコンを変えたりデスクトップから「マイコンピュータ」内に移動したりすることが可能になります。私は「ゴミ箱」はデスクトップにある必要はあまりないと思っていますので「マイコンピュータ」内に移動しています。(私はいつもショートカットキーを使っていきなりファイルを削除しているからです。かなり乱暴な方法ですが。)
「窓の手」起動場面(アイコンの変更)
「窓の手」起動場面(「ゴミ箱」の名前と表示場所の変更
戻る
ワンポイントテク
間違えてゴミ箱にファイルやフォルダを捨ててしまったら、直後であればCtrlキー+Zキーを押すことによって元に戻すことが出来ます。ただしShiftキー+Deleteキーを使って削除してしまったらこの手は使えません。