メモ帳の便利な使い方
ウィンドウズのアクセサリーに付属しているメモ帳の便利な使い方です。
まず、メモ帳を起動して、「ファイル」から「名前をつけて保存」を選択します。このときファイル名を仮に「私のメモ帳」とでもして置きましょう
そして保存場所を「デスクトップ」にして保存します。
デスクトップに今作った「私のメモ帳」というショートカットアイコンが出来ました。デスクトップにアイコンを置くのはいやだという人はマイドキュメントに置いてもいいですし、置く場所は自由です。
さて、これをどう使うかということですが、察しのいい方はすでにお気づきだと思いますがその名の通りメモ帳として使うのです。
何だとお思いでしょうが、ちょっと思い出したこととか、約束事とか忘れてはいけない用事だとかをちょこっと書きとめておくのに便利です。
さらにメモ帳には便利な機能があって、F5キーを押すとカーソルの位置に現在の日付と時刻が自動的に挿入されるのですヨ。
ということは今日の出来事をメモったり、日記代わりにも使えます。書いたり消したりは自由ですし、そのつど「上書き保存」をしてください。工夫次第でいろいろ用途がありそうですね。
実はメモ帳を使ってHTMLファイル、つまりホームページを作成することも出来るんです。(これについてここでは説明しませんが・・・)(^_^;)
メモ帳を起動したら、「名前をつけて保存」を選択、保存場所をデスクトップに設定します。
書いたり消したりしたときは「上書き保存」を選ぶ。
F5キーを押すとこのように日付と時刻が自動挿入される。
戻る