漢字の読み違い
現在常用漢字は1945字あるそうで、これをすべて覚えるだけでも並大抵ではありません。ましてやこれ以外にもいろいろとあるんでしょ。日本語って大変ですよね。中国人はもっと大変なんでしょうかね。

以下は最近聞いたホントの話。
ある人がペットショップへ行きました。そこで聞いた若いカップルの会話。
犬を陳列しているケージの前の張り紙を見ながら…
女性「ねえねえ、『むらさきいぬ』ってどれ?」
男性(真剣な顔つきで)「うーん、どれやろナア」
その張り紙には大きな字で、大特価『柴犬』…って書いてありました。
言わずもがな、これは「しばいぬ」ですね。
「紫」←これがむらさき
とても似ているけど、間違えると恥ずかしい。

その他、私の人生で実際に体験した読み違いの数々。
まず、コンピュータルームでもご紹介した「汎用」
これを「ぼんよう」と言っていた人。あんたは凡庸以下だ(と言わねばなりますまい)。
正解は「はんよう」

「該当者」
これを「かくとうしゃ」と読む人を約二人、私は体験しました。
正しくは「がいとうしゃ」

「乳母車」
これを読めない若者がいるらしい。「ちぼぐるま」と言った若者。ばかものぉー
正解は「うばぐるま」

NHKの「大河ドラマ」
これはもう、笑わずにはいられない。「おおかわドラマ」と言っていた人。
あえて正解は書きません。

「神楽」
これをマジな顔して「しんがく」と言っていた大卒の人。
「かぐら」が正解。東京には「神楽坂」(かぐらざか)という地名もあります。
「神楽」は日本の伝統芸能です。

「既婚者」
これを「じゃこんしゃ」と言った大馬鹿野郎
何を隠そう、小学生のころの私です。「じゃ」はこの「邪」と間違えていたんですね。
似ているようで全然違うじゃないか。オー、ハズカシ。

その他、
「海豚」と書いて「イルカ」、「海馬」と書いて「タツノオトシゴ}
この辺になると訳がわかりませんね。

漢字ってものはとても難しいものですが、常識として知っていないと恥をかくものも少なくありません。わからないときは素直に相手に聞きましょう。

一番困るのは、相手が間違えているとわかっても指摘できないことがあることです。
たとえば、目上の人とか、会社の上司とか。そういうときは聞き流すことにしましょうね。
戻る