最近はなんとこのマイアミでもラムネが飲めるようになりました。
子供のころは駄菓子屋でよく飲んだものですが、そのころからずっと疑問に思い続けてきたのがあのラムネの瓶なのでございます。

まず、どうやってビンの中にビー玉を入れるのか、そして中身を入れた後どうやってそのビー玉で栓をするのかということですね。
その解答を知っている人に私は今までで会ったことがないのですヨ。ことに子供の頃は最大の謎でした。

それではまずその歴史からひも解いてみることにしますか。
ラムネの歴史というのは意外と古く、諸説はあるらしいのですがその起源は1853年(嘉永六年)下田沖にペリーが来航したときに持ち込まれた、というのが定説とされている。
(東京清涼飲料協会というのがあってそこで編纂された「日本清涼飲料史」(1975年発行)による)
その直後には早くもその製造法を藤瀬半兵衛(長崎商人)という人が長崎で学び、1865年には「レモン水」として売り出した。
これが日本で初めて造られた清涼飲料で、「ラムネ」というネーミングはレモネードがなまったものらしい。
この頃のラムネはコルク栓だったというからペリーが持ち込んだとするものはシャンパンだったのではないか。(これは私の勝手な推測)
ビー玉で栓をする現在の形になったのは1888年(明治二十一年)頃。
万事に器用な日本人の発明だと思っていたら、これが考案されたのはイギリスだったということだ。藤瀬半兵衛は1890年(明治二十三年)東京に進出、その元で製造法を学んだ西尾福松という人が終戦後の1946年ラムネ会社を東京港区で興し、その会社「日東飲料」というのが現在ラムネの大手らしい。                             
さて、肝心のその製法なのですが、はっきりいって中身はたいしたものではござんせん。(中身より瓶のほうが高いのだ)ラムネの魅力はなんといってもあの瓶である。(といっても過言ではないと思うのですがいかがなものでしょう。)
それもどうやってビー玉を入れて栓をするのかという謎の部分と飲むときに発する「ぽんっ」という音に尽きるのではなかろうか。
(だんだん核心に迫ってきましたぜ。)

昔はビンに玉を入れてから飲み口を付けたらしいが、現在は瓶が熱しているうちに口を広げて玉を入れ、閉じるのだそうだ。
なぁ〜んだとお思いでしょうが、これが昔は手作業で大変な仕事だったらしい。(ふむふむ)
栓をするにはシロップと炭酸水を圧搾機で詰めた後、逆さまにするとガスの圧力でビー玉が栓に密着する。中の圧力は大変なもので車のタイヤぐらいあるらしい。(そういうことだったのか)
昔は瓶が粗悪でよく破裂したそうだから作業員は防護マスクを付けた危険な作業であった。(なるほど)
そんなラムネも現在は斜陽の一途。
1953年頃から生産量は激減し(清涼飲料水の多様化による。コーラの出現も痛手となった。)現在業界の最大の悩みはビンの回収と生産であるらしい。
何度でも使いまわしの出来るラムネビンだが、その生産は台湾の一工場だけだということだ。しかもまとまった需要が見込めないことから生産中止という危機に瀕している。(2000年11月)
プラスチック製の容器も最近は出回っているらしいが、ラムネの魅力は瓶にある。(はっきり言って、アルミ缶やプラスチックボトルに入ったラムネなんてどうでもいいような気がしませんか?)

2002年の今日、アメリカでも売られているという事実を考えると(アメリカでは瓶を回収しない)、新たに瓶生産のメドがついたともかんがえられますね。
またひとつ、日本の文化が消えないことを祈りたいものです。
(やっとラムネの謎が解けました。)



The fifth wheel of the coach (蛇足)▼
冒頭で「あのラムネはどうやって中身を入れて栓をするのか」と書いた途端、「地下鉄はどうやって中に入れたんでしょうね」という漫才を思い出してしまった。
ラムネ
戻る

その後さらに調べた結果、「サンガリア」という会社もラムネを作っている事がわかりました。アメリカで飲めるラムネはここの会社のものです。
サンガリアは日本、アメリカともに瓶の回収はしていません。
(LA辺りに現地法人を作って輸出しています。)

上のラムネは日東飲料のラムネ。
左はサンガリアのラムネ。(輸出用とはラベルが違う)

日本に住んでいる方はご存知でしょうが、サンガリアのラムネの瓶は今はこんな風になってます。
http://www.sangaria.co.jp/seihin/tan_fld/big_tan/kaw_pag.html