ポークドビーン
まず鍋にサラダオイルを大さじ1ぱい、にんにくのみじんきりとたまねぎのみじんぎりを、軽くソテーします。つぎに残りの材料を全部入れます。(トマトホールは手で軽くつぶして)圧力なべで、20分、火からおろして余熱で15分これで出来上がり。
圧力鍋は、便利ですよ、普通のなべですと、前の日から大豆をもどして、水も多めに入れて3時間ぐらいかかるかな?圧力鍋は,お持ちでなければ、ぜひ買ってください。いろいろべんりですよ!
スペアリブは、軽くいためてもOK、そのままでもだいじょうぶ、
沸くまで、ふたを閉めずに、あくは、とります。そのあと、ふたを閉めて、強火で少々、ピーピー言い始めたら弱火で、20分ぐらい。
最初は、強火、ピーピー言い始めたら弱火は、圧力鍋の基本です。
汁は、ふたをはずしたあとに薄ければ少し炊いて調整します。そのときに塩味も調整すればOKです。味は、何回も見ては、だめです。わからなくなる。一、二度で決めるように。自分の味の、舌の、感覚を磨くようにしましょう。
数をやれば、うまくできるようになります。同じ料理を、3回つづけて作れば、うまく出来るようになる。1回目上手に出来なくても、めげずにがんばりましょう。
※砂糖はトマトの酸味を飛ばすため。

おまけ
冷製パスタ
トマトのみじん切り、スイートバジルのスライス、塩、コショウ、オリーブオイルを合わせたものを、極細のスパゲッティ(カッペリーニ又の呼び名バミセリ、ボイルして冷水で、冷ましたもの)と合えると冷製パスタの出来上がり。
冷やしたパスタは、クッキングペーパーで水分を良くとる事。
パスタは、冷やすのであまり”アルデンテ”にしないように、水で冷まして湯で加減を確認する事。隠し味に、蜂蜜とバスサミコ酢又は、レモンを少々、オリーブオイル多め



本文はご本人の文章をわかりやすく編集しました。(サンタクロス)

Sさんのお店のホームページはこちら
パサージュ
シャンクレール

材料:ポークスペアリブ500g、大豆150g、トマト(whole)の水煮240g
    タマネギ(みじん切り)1/2個、にんにく1個
調味料:塩小さじ3杯、砂糖大さじ1杯、コンソメ(適宜)、水180cc

今回はこの道30余年のベテランフレンチシェフ、Sさん投稿のレシピです。
家庭で手軽に出来るレシピをご紹介いただきました。「男たちの手料理」にふさわしいポークドビーンです。

トップへ戻る