ウィンドウズXPのデフラグ。
 「分析」を選択すると現在の状態でデフラグが必要かどうか
 チェックしてくれる。
デフラグの「詳細を表示」を選択すると上記のような表示に変わる。
デフラグの開始場面
スキャンディスクの選択場面。通常は「標準」を選択。
  完全を選ぶと時間がかかる。
「エラーを自動的に修復」のチェックマーク
  をはずすとエラーを見つけたときにその都度どうするか聞いてくる。
  初心者の場合対処法が分からないと思うのでチェックマークを入れて
  おいたほうがよいと思う。
ハードドライブのプロパティから開いたツールオプション
  「エラーチェック」がスキャンディスク、「最適化」がデフラグ

スキャンレグ・デフラグ
パソコンは器械である以上最低限のメインテナンスが必要です。そこで初級者用にお勧めするのがスキャンレグデフラグです。
どちらもウインドウズに標準で付属するユーティリティです。
スキャンレグというのはHDDの不具合をチェック、必要とあればマイナーな修復を自動で行ってくれ、またデフラグというのはHDDを最適化してくれるソフトです。最適化というのはHDD内にあちこちとんで保存されているデータを、取り出しやすいように並べ替えるという事で本棚の整理整頓に似ています。
実行方法は「スタート」から「プログラム」→「アクセサリー」→「システムツール」へと進むと項目の中にこのふたつがありますのでそこから順番に起動してください。あるいは対象となるドライブ(Cなど)を右クリック、「ツール」タブからでも実行出来ます。
但し、デフラグの前にスキャンデスクを実行するようにしてください。
月に1,2度実行する事をお勧めします。
ただ、頻繁に実行するとハードドライブの寿命を縮めるという説もあり、ヘビーユーザーでないなら半年に一回位でもよいでしょう。
注)パソコン購入後、一度もこれらをした事がないという場合、スキャンレグやデフラグが途中で終わってしまったり何時間かかっても終わらないといった事があるようですのでそういう場合は中止するしかありません。このような場合は改めてセーフモードで起動して実行してみてください。(後述)
Tips
Windowsはセーフモードで
起ち上げる事によってある
程度のトラブルを修復して
くれる機能が備わっている
ようです。常に有効な手段
ではありませんがパソコン
の調子がおかしいなと思っ
たとき一度セーフモードで
起ち上げてもう一度起動し
なおしてみるというのもトラ
ブル解消のひとつの手だそ
うです。
セーフモード (こちらも参照
普通に起動することを通常モードというのに対して、トラブル修復用としてセーフモードという起動法があります。通常モードでは起動と同時にいろいろなソフトが自動的に読み込まれていきますがセーフモードでは起動に必要な最低限の状態で起動します。
Windowsの設定を確認し、起動できるように調整するためのモードでです。
スキャンレグ・デフラグが何時間たっても終わらないというときにセーフモードで実行するとすんなり終わることがあります。パソコン内部で勝手に起動しているソフトなどがスキャンレグ・デフラグの邪魔をすることがあるようです。
セーフモードでの起動法
起動時に電源を入れたらCtrlキー(パソコンによってF8キーであることもあるようです。)を連打すると選択画面が現れるのでその中からセーフモードを選んでください。
Win2000やXPの場合、起動時に電源を入れたときに「F8キー」を連打してください。選択画面が出ますのでセーフモードを選択すればOKです。
いずれの場合も白文字で書かれた黒い画面が現れます。
以下の画面で3.Safe modeを↑↓キーを使って選択後、
Enterキーを押す。(これはWIN98での選択画面)