デスクトップにはタスクバーがあるのはご存知ですよね。デスクトップの最下部で帯状に収まっていて左端にスタート、右端に時計などのあるバーです。これを自動的に隠すように設定するとデスクトップをスッキリ、そしてこの分だけほんの少しデスクトップを広く使えます。

設定方法はカーソルをこのタスクバー上にもって行き右クリック、プロパティを選択した後「タスクバーを自動的に隠す」にチェックマークを入れます。あとは「OK」をクリックして終わりです。

隠れたタスクバーを表示するには、カーソルを最下部にもって行くだけ。自動的にタスクバーがせり上がってきます。

いかがですか?スマートな感じがしませんか。
戻る
ワンポイントテク
前のページへ「戻る」とか「進む」ってありますよね。
あれをキーボードで操作するには「Alt]+←(矢印キー) または「Alt]+→を使います。