材料: 豚肉(200gぐらいをかたまりで) 生姜(足の親指ほどの大きさ) ねぎ(適当)

なべに豚肉が浸るほどの水を入れ、沸騰したところで豚肉、生姜、ねぎを入れる。
 
 生姜は適当にスライス(皮はむいても向かなくてもどちらでもよい)しておく。
 ねぎは日本の長ねぎなら3cmぐらい、アメリカのスキャリオンなら5cmぐらいの長さに
 (おおざっぱでよい)切っておく。

すべての材料(といっても三つしかない)を入れたら中火にしておよそ45分間ゆでる。
このゆで時間がこの料理のもっとも大事な部分で、40分以下でも45分以上でもいけません。

時間がきたら火を止めてそのまま冷ます。 適当に冷めたら豚肉だけを取り出して
濡れ布巾にくるみ(ペーパータオルでもよい)冷蔵庫で冷やす。

ゆで汁は捨てずにザルなどでこして汁だけを残しておき、こいつを使って味噌汁などを作ると豚汁風味の味噌汁が出来上がります。

冷蔵庫で適当に冷えたら、焼豚のような感じでスライス、きゅうりの千切りを添えて辛子醤油(マスタードと醤油)でいただきます。注)スライスするときは肉の繊維(あるいは筋)を断つように。くれぐれも繊維に沿って切ってはいけません。

いかがでしょうか。材料も少なく、簡単手軽に出来て夏バテ気味のときあっさりとして食が進むこと間違いなし。またビールのおつまみとしてもサイコーです。

これをチキンに応用することも出来ます。
チキンの場合は、ささみではなく皮付きの赤みを使います。
骨を取り除いて広げ、端から巻き上げて(皮が外側)アルミフォイルでくるんでから両端をねじってソーセージのような形にします。(箸かフォークでアルミをつついて適当に穴を開けるとよい)
これまたゆで時間が大事で、25分。それ以上でも以下でもいけません。
後の要領は豚と同じですが、切り方は豚よりも厚く1cmくらいの厚さがよい。
ソースは中華風のピリ辛ソース、またはごまダレなんかいいですね。荏原焼肉のたれにこまダレなんてのがあったような気がしますがそれでもいいです。

まとめ:
今回の料理は材料も少なく、作り方もシンプルです。
一番、気を付けていただきたいのがゆで時間。なぜかというと・・・ ま、説明するより体験が何より。 一度か二度失敗してみればわかります。(^_^)v



その後、掲示板のほうでHidesmx3さまより以下のような投書をいただきましたのでご紹介いたします。

早速、ゆで鶏を作ってみました。中華風に下味をつけて
調理して、一晩冷蔵庫で寝かし胡麻だれで食べたら
とっても美味しかったです。ゼラチン状に固まった肉汁も
また格別でした。
新しいレシピを楽しみにしています。


皆様方もこれはうまかったぞとかまずかったぞぉといった感想をいただければ、
santacross祝着至極でござります。またレシピも歓迎いたしております。
戻る